選抜高校野球の新戦力の台頭で今後が楽しみな高校野球界

選抜高校野球が行われています。今回のベスト4に進出した高校の中で、これまでベスト4入りをしたことがあるのが東邦だけという、フレッシュな顔ぶれともなっています。好投手を擁し、優勝候補にあげられていた星稜高校も早々に敗退しましたし、ここ数年の甲子園の顔ともいえる大阪桐蔭は選抜出場自体を逃しています。甲子園でおなじみの強豪校が活躍するのはファンとしても親しみがあり、うれしいものですが、いつもいつも変わらない高校が都道府県代表として出場してくるのもマンネリ化というか、高校野球の進歩という面から考えれば、あまりよろしくない状態なのではないでしょうか。日本の戦国時代や中国の三国志の時代にもありましたが、群雄割拠の状態というがファンとしては一番楽しい状況です。一部の強豪校だけが常に強いという状況よりも無名の高校がその年は頑張るといった方が盛り上がりもあるでしょう。野球で高校を選ぶという選手も多いですが、進学した高校を強くする方が夢があって好感がもてます。いずれにしろできれば今年の選抜は初優勝となってくれるといいなぁと思います。キレイモ vio