安価で安全なジェネリック医薬品の普及と課題

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期限が切れた後に販売される、新薬と同等の成分・薬効・安全性が認められた安価な薬品のことを指します。

ジェネリック医薬品は新薬に比べ、開発期間や開発費用を抑えることができるため、価格が新薬の2~7割程度になります。

新薬は、その有効性や安全性が確認されるまでに、10~20年の歳月と数十億~数百億円の開発費用がかかると言われています。

ジェネリック医薬品の場合、2~3年と言う短い期間で開発が可能で、その上、新薬と同等品のため、使用法や安全性を伝達する手間も省けるのです。

ジェネリック医薬品は、患者の自己負担軽減のみならず、国家の医療費削減にもなるため、世界中で使用が推進され、需要も増加してきました。

この世情を背景に、インドではジェネリック医薬品生産量が飛躍的に増加しています。

インドがジェネリック医薬品大国となった背景には、医薬品会社に特許料を支払わずに、新薬と同等の医薬品を製造することができるからです。

これは、インド国内法の隙間を付いた行為です。

開発者の利益を守り、その業績を尊重することは非常に大切ですが、その一方、インドで製造された安価な薬品が、エイズやマラリアの蔓延する貧しい国々で、沢山の命を救っていることを考えると、一方的に非難することは難しいのです。http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-douhansha/