アメリカドラマ「リベンジ」シーズン4 第8話を見て

アメリカドラマ「リベンジ」シーズン4の第8話「接触」を見ました。

せっかくの再会を果たしたエミリーとデヴィッドですが、気持ちがすれ違ってしまうのは見ていてつらかったです。やはり20年という期間の長さは大きいですね。どちらもお互いのためを思っての行動ですが、理解できない悲しさがありました。デヴィッドはエミリーに事情を打ち明けていましたが、本当に真実なのかわからなくなってきました。迷惑をかけるから距離を置くと口では言っておきながら、裏でエミリーは関わる気満々なのも心配になります。

そして、コンラッドの事件ではエミリーの思惑通りにことが進みましたね。正直者のジャックは警官という立場上心苦しいことでしょうが、ここはぐっとこらえるところかもしれません。FBI捜査官の女性が初登場しましたが、あっという間にジャックといい雰囲気になっていて、少しびっくりしました。ベンは初めはとても好印象でしたが、だんだんとジャックを子どもっぽくひがむようになってしまい、なんだか残念です。ベルタ葉酸 店舗